忍者ブログ
ちょっとそこらでご融資を
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 株式会社東芝は、ゲーマー向け仕様のノートPC「dynabook Satellite WXW」を6月13日より発売する。店頭販売は行なわれず、同社の通販サイト「東芝ダイレクトPC」でのみ販売される。メインメモリの実装量のみが異なる2モデルが販売され、1GBモデル(型番:PAWW79CLN10W)が219,800円、2GBモデル(型番:PAWW79CLN20W)が234,800円。

 「dynabook Satellite WXW」は、3Dグラフィックスを採用したオンラインゲームに特化したハイエンドノートPC。デスクトップPCにも見劣りしないスペックを目指しつつ、AV機能やオフィスソフトを省くことで、低コストに仕上げられているのが特徴。

 スペックは、CPUにCore 2 Duo T7300(2GHz)、メインメモリは1GB(PC2-5300 1GB×1、空きスロット1)または2GB(1GB×2、空きスロットなし)で、最大4GBまで対応する(2GB×2の構成)、GPUにGeForce 8700M GT(256MB、最大1,023MBのシステムメモリをビデオメモリとして使用)、HDDは120GB (シリアルATA)、DVD±R DL書き込み対応DVDスーパーマルチドライブなど。OSはWindows Vista Home Premiumで、1GBのインテル ターボ・メモリーを搭載する。

 画面は17.1型ワイド(1,680×1,050ドット)のClear SuperView液晶。同社の「dynabook Satellite TXW」の液晶に比べてサイズが大きくなり解像度が向上しているほか、輝度をやや抑えて外光反射の低減と視野角向上を図るという、ゲーム向けのチューニングがなされている。

 キーボードはテンキーを備えた109キーで、キーピッチは19mm。スピーカーはharman/kardon製のもので、4スピーカーとサブウーファーの5スピーカーを内蔵する。

 インターフェイスは、USB 2.0×6、SDカードやメモリースティックなどに対応したメディアスロット、ExpressCard/34/54対応スロットなど。ネットワーク機能は、Gigabit Ethernet×1、IEEE 802.3a/b/g無線LANを搭載。オーディオ関連では、ヘッドフォン出力、マイク入力、オーディオ入力、光デジタルオーディオ出力の各端子を備える。映像出力は、HDMI、ミニD-sub 15ピン、S映像。

 本体サイズは、399×288×36~52mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約3.9kg。バッテリ駆動時間は約2.3時間。

ヤフーニュースより 抜粋

*おすすめブログ
http://leo04.leo-df.net/
http://bureaucratic.lemon-km.net/
http://causative.lemon-km.net/
http://cross.lemon-km.net/
http://propriety.lemon-km.net/
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索